02/03
シーズンイントレーニング
IN オーストリア


とりあえず動画行っとく?

ヨーロッパの大回りの練習はこんなにすごい!
ヨセフ選手.至極のSL
小池さん中継(セントヤコブ)
飛鳥井選手SL
飛鳥井選手小回り

キッツシュタインホルンより
投稿日 11月29日(金)01時50分 投稿者 あすかい。 [pool220236.via.at] 削除

オーストリア組みは無事です。
GAO−サンの言うとおりオーストリアは歴史的な大雨と風で、
全てのスキー場は壊滅しました。
しかしながらキッツは超良好で、
私たちには手におえないほどの練習メニューを提供してくれています。
先日の初すべりに引き続き、今日はゾルチ.ヨセフ選手にGSを練習
させていただきました。
JAPANTEAMは全員1時間以内にくたばりました。
アー情けない。。。
明日はSLです。
今日よりはいい勝負ができるといいのですが・・・


Everything ok!
投稿日 12月4日(水)17時46分 投稿者 やまちゃん [210.173.14.62] 削除

オーストリア帰りのやまちゃんです。

時差ぼけも無くちゃっかり社会復帰してます。
ヨセフパパ、ママ、ヨセフくん、お世話になりました。
また、飛鳥井さん、TEAMのみなさんにも大変お世話になりました。

僕ら3人、シュピンカ先生たちと別れた後は、
思いのほか全てが上手くいき無事帰国できました。
飛鳥井さんに何度か電話を試みましたが、
つながらないのでこの場をかりてお知らせしておきます。

さて、オーストリアは国自体が、
がおーさんの名言から「この国は傾いている。」のとおり、
傾いているうえに斜面があるので思った以上に斜面は急らしく、
思いのほかスピードが出てしまったり、
標高が3000mもあるせいか、直ぐにくたばったりと、
ほとんどやられてしまいましたが、
一応「仕上がった!」ということにさせていただきます。

それにしても現役FISレーサーのヨセフくんの滑りには、
びっくりというか「あまりにも普通に滑る。」ように見せかけて、
実は「首以外はものすごく傾いていた。」りといったように、
まったく、僕の持っているジャーナルの知識では、
ほとんどコメントできない状態でした。

また、今回のメンバーの中に「女がおー」と言われるほどに、
多数名言をお持ちになってる方がいて、
今回、新たに「がー子」と命名させていただきました。
ザルツブルグのきれいなクリスマスイルミネーションの中、
みんなでホットワインを飲んでいると「わたしは猫舌なの。」などど、
まったく町並みと雰囲気に似つかわしくない言葉で、
みんなをびびらせていたりして、
今回のトレーニングに花を添えていただきました。

では、今週末の韓国レポートも期待してます。


オーストリアより
投稿日 12月5日(木)06時25分 投稿者 あすかい。 [pool220243.via.at] 削除

飛鳥井選手ただいまストレッチ中につき、小池がレポート。
やまちゃん、すーちゃん、無事に着いてなによりです。
日曜日にシュピンカ先生率いるリリアンフェルトスキーチームと合流。
未だになんというスキー場にいるのかわからないままですが、
イタリア国境に近いのは確からしいです。
さて、リリアンフェルトの子供たちとの練習は、
午前3時間、午後2時間、めいいっぱいゲート練習します。
ジャパンチームは、シュピンカ先生のクラスと一緒に練習しています。
今日は、天候も良く何クラスか合同でGSのタイム計測をしました。
飛鳥井選手、見事にトップタイムで子供たちをギャフンと!
しかし、ゴール付近のゲートは恐怖の一言でした。
急斜面のうえに最後のゲートは片斜からのターン、
覚悟を決めて飛び込むしかないのですが、何度滑っても腰がすくみました。
明日はリリアンフェルトチームとの合宿最終日、
スラロームのタイム計測をする予定です。
何か一つでも、自覚のできる収穫があればいいのですが...。


まいった…
投稿日 12月8日(日)21時36分 投稿者 す〜ちゃん [p3036-ipad01yosida.nagano.ocn.ne.jp] 削除

す〜ちゃんです…♪佐久に雪が降っています。
時差ぼけが直り やっと普通の生活に戻り 
また日曜日以外の休みのない毎日の仕事に追われ…

ヨセフパパ、ママ、ヨセフくん、ほんとにありがとう♪
あっすーをはじめ、TEAMのみなさんにも大変お世話になりました。
いろいろ ご迷惑かけたことをお詫びいたします。

ほんと スキーをやめたいぐらいの不調でした。
まずは ブーツがこんなにあっていないとは思いもしませんでした。
大きい上に 硬い…そんな…
グラスのときは 気温のせいかそれほど気になっていませんでした。
立っているのさえも嫌だった。
やりたいのは山々だが 運動不足も重なり体は動かないし…
ほんと す〜ちゃんにとって最悪のゲレンデでした。
それとひきかえに 収穫もありました。
ヨセフくの滑りがすばらしく それが見れたのが救いです。
ほんと今まで見たことのない滑りでした。
ビデオがないのが残念です。

ウィーンの街は やっぱり都市という感じで
ザンツブルクのほうが 趣きがあったような気がしました。
食べるものは どれもこれもおいしくほんとよかったです。

なんだかんだ 無事に着きほっとしました。
朝には着いたので その足でダイチに行きました。
インナーフォーミングをしてもらい 調子良いです。
今日ASAMA2000に行ってきました。
なんかスキーって 難しいですね…
なんか ひらめいたようにうまくなれないものでしょうか?

では オーストリアの皆様 
体には無理せず 頑張ってください。


帰国しました
投稿日 12月9日(月)16時15分 投稿者 コイケ [pl782.nas926.o-tokyo.nttpc.ne.jp] 削除

飛鳥井選手より一足先に帰国しました。
オーストリアは、あいかわらず雪不足に悩まされており、
残留組は再びキッツシュタインホルンに戻るのではないかと思われます。
さて、リリアンフェルトスキーチームとの合宿で行ったスキー上は、
どうやらセント・ヤコブというエリアのスキー場だったようで、
山一つ向こうはイタリアでした。
最終日は練習を早めに切り上げて、ショッピングと目の保養に
イタリアまで繰り出しました。
オーストリアでは勘違い気味のカプチーノやラテを飲まされていましたが、
イタリアではさすがに、美味なコーヒーにありつけて感動。
リリアンフェルトスキーチームと離れた後も、セント・ヤコブに滞在したのですが、
子供たちが去った後は、ゲレンデを貸し切っているかのごとくの好条件で、
シュピンカ先生から借りていたポールでゲート練習も思い通りにできました。
隣では、スロベニアチーム、クロアチアチームが練習しているという
夢のような環境で滑ることができました。
現地では、インターネットになかなか接続できない状況だと思いますが、
滞在中は、飛鳥井選手のストレッチが無ければ早々にリタイアしていたでしょう。
ありがとうございました。
また、シュピンカ先生はじめ、リリアンフェルトスキーチームの子供たち、
突然やってきた日本人に練習環境を与えてくれ、
タイムレースにまで参加させてくれたことを心より感謝します。
p.s.
すーちゃん、写真ちょーだいね。


オーストリアトレーニングキャンプより帰国
投稿日 12月16日(月)20時13分 投稿者 asukai [Choji7DS18.tk1.mesh.ad.jp] 削除

永らく留守にしてしまいましたが昨日帰国、本日より通常通り機能しています.
恒例のキャンプリポートをさせて下さい.
11.26 オーストリアVIANNEに到着 シュピンカ先生と再開した後
ゾルチ・ヨセフ選手のペンションへ移動
11.27 キッツシュタインホルンでフリー
11.28.29 ヨセフ選手と回転.大回転のトレーニング
11.30 キッツでフリー ザルツブルク観光
12.1 山ちゃん達と別れ(ヴィアナ観光へ)私達はST.ヤコブへ
12.2−5 スロベニアチームの横 リリアンフェルトスキー学校の合宿に参加(SL.GS)
シュピンカ先生の指導を仰ぐ
タイムレースではトップタイム シュピンカ先生にも0.2秒と迫る
12.6 スロベニア・クロアチアチームの横 プライベート合宿 (SLのみ)
   イタリア観光
12.7 ヴィアナにて小池さんと別れ,他1名が合流 ウィーン観光
12.8 キッツにてゾルチ選手と練習SL
12.9 ライタームにてリッチー・ベルガーと再会 小回りの練習
12.10 シュラドミングにて大回りの練習 シュラドミング観光
12.11 キッツにてゾルチ選手とSL練習
12.12 キッツにて大回り,こぶの練習 ゾルチ選手 FISレースへ カプルーン観光
12.13 キッツにて大回り小回りこぶの練習 ツェルアムシー観光
12.14 シュピンカ先生に送ってもらい帰国
15日 日本着
今回の合宿では多くの新しい技術を学び,身につけることが出来ました.
1回今まで身につけたものや常識は一切捨て去り,
0から学び直しました.
ゾルチ選手も1流の選手でしたが,
オーストリアのナショナルチームは50名
それ以外の200名のウエイティングもワールドカップで優勝する力があるそうで、
その200名の内の一人だそうです.
現在のトップグラススキーヤーの中でも標準的な選手です.
私もそれを目指すなら当然そうなるべきと思い今回は少し競技にも力を入れました.
後半のキッツでの練習では
SLではゾルチ選手と殆ど変らないタイムで滑る事が出来るまでに上達しました.
シュピンカ先生との合宿ではスキー場の難易度も高く厳しい状況に中で
多くのことを教えてもらって
役に立ったのではと思います.
今シーズンの技術選はやる気満々です.
どうか見守ってください.

ゾルチ選手の滑りや,合宿の様子は後日アップします.
では・・・



e-mail Asukai Takuya

[Up]

Copyright(C) Pro Shop DAI-CHI 2002,All Rights Reserved.
UpDate: Tue Dec 17 22:44:38 2002